車検費用とは?かかる費用の概要を知っておこう

必ずかかる法定費用とは

車検費用のうちで必ずかかるのが法定費用です。法律によって定められている費用であり、車検を受けて公道を走れる車として認めてもらう上では必ず払わなければならなくなっています。自動車重量税、印紙税、自賠責保険料の三つが法定費用に含まれているものです。自動車重量税は自動車の種類によって異なり、大型車になるほど高くなります。印紙税は書面作成に必要になる費用であり、やはり大型車になると高くなる場合があるのが特徴です。自賠責保険料についても車種による違いがあって大型車ほど高くなっています。しかし、どの金額も車ごとに一律に決まるため、法制が変化しない限りは一定額です。

選ぶ業者によって異なる車検基本料とマージン

法定費用以外に車検にかかる費用が車検基本料です。これは業者に車検を依頼したときに作業内容に応じて業者が貰い受ける費用であり、選んだ業者や作業内容に良って費用が異なってます。マージンとしてどれだけとるかというのも問題になりますが、大きくなりやすいのが整備費用です。車検を通すために整備が必要な場合には整備のために必要な部品代と整備を行うのに必要な人件費がかかることになります。業者によっては車検を通すのには必要なくとも、ここで整備をしておいた方が良い場所を見つけて一緒に実施するように促す場合があるため、費用が大きく増えることになるのです。ただ、余計な整備がなければ良いと簡単に考えることはできません。整備をした方が安全に運転できるようになるメリットもあるからであり、よく考えて決断する必要があります。

何かとお金がかかってしまう車検ですが、少しでも車検の料金を安くあげたいと思ったら、手間はかかりますがユーザー車検という選択肢があります。