ユーザー車検とは?誰にでもできるものなの?

資格は必要ないユーザー車検

車検を受けるときには通常は業者に依頼して車検を通してもらいますが、そのためには大きな費用がかかることは否めません。費用を節約して車検を通せる方法としてユーザー車検というシステムがあります。これは自分で車検場に車を持って行って指示に従って車を動かし、検査に合格している車であるかどうかを審査してもらう方法です。この方法を使うと整備費用がかからなくて済むことから車検を受ける料金と法定費用だけで済ませることができます。特別な資格が必要あるわけではなく、車検を通したい車を運転できる免許を持っていて実際に車を運転できれば問題はありません。費用を節約したいと考えたら自分で車を持って行って書類手続きを行い、少し車を動かすだけで車検証をもらうことができるのです。

時間がなくても委託が可能

ユーザー車検を受けたいと思ってもしばしばできないという人もいます。時間がなくて受けられないというのはよくあるパターンであり、車検場が平日の昼間しか開いていないために受けたくても受けられない場合があるのです。このような状況でもユーザー車検で安く車検を済ませたいと考えたら委託する方法があります。ユーザー車検を代行する業者があり、個人でも委託を請け負っている人もいるのです。数千円程度の費用で委託することができるので、時間がないけど費用を抑えたいというときに適しています。ただし、請け負ってくれた人の技量によって合格できるかどうかが変わる場合もあることから実績重視で委託することが大切です。

ガソリンスタンドで有名なエネオスで車検が受けられます。国家資格整備士が在籍するエネオスでは、プロが行う安心できる車検だと評判が良く、また4つの車検コースから自分のプランに合わせて選べるのでおトクです。