使い分けよう!今回利用する業者はどれだ?

車検を通すときには業者選びが大切

車検の時期が到来したら業者に依頼して車検を行ってもらうことになります。その際にどの業者を選ぶかによってかかる費用も異なりますが、車の整備状態にも変化が生じるので気をつけなければなりません。車検を通すときにはどのような車の状態にしたいかを考えて業者を選ぶことが肝心です。ディーラーに依頼すれば万全の状態にしてもらうことができますが、車検専門店などを利用すると最低限の整備に留めることになります。整備の量を減らすほど安上がりになるのは確かなので費用対効果の高い方法を選ぶのが重要です。

今回はどちらのタイプを選ぶか

万全の整備が必要ないときには車検専門店などに依頼し、しっかりと整備してもらわないと困るときにはディーラーに依頼するというのは賢い方法です。車の状態を予め確認した上で、今回はどちらのタイプを選ぶかと考えることになります。毎回、両方から見積もりを取ってみて整備内容として計画されているものを確認して決めるというのも良い方法ですが、手間がかかることは否めません。大雑把に消耗品などの寿命を考えると、二回に一回は十分な整備を行っておいた方が安全策です。中には一年や二年で交換すべき部品もありますが、その場合は車検専門店でも交換をしてくれることが多いでしょう。そのような考え方をすると、一回おきにディーラーと車検専門店などで交互に車検を行うのは費用対効果の大きい方法になります。車検費用を減らすための工夫として覚えておくと役に立つでしょう。

ユーザー自身が車検を軽自動車で受ける場合も、検査項目は普通自動車と同じです。検査場ではまずサイドスリップの検査があります。走行速度が速いと検査が不合格になります。なるべくゆっくり進むようにしましょう。