車検を受ける場所は、その場所によって特徴があります。

一番安心なのは自動車ディーラーでしょう。

様々な場所で車検を受けることができますが、自動車ディーラーで受ける車検が一番安心安全です。その理由は二つあり、整備するスタッフが国家資格を所持している点と、使用する部品が高品質な点があります。自動車ディーラーによっては次回車検まで、エンジンオイル以外は交換しないと想定して整備を行なうので、自動車の整備について詳しくない人でも安心して任せる事が可能です。

ガソリンスタンドでの車検もあります。

自動車ディーラー以外だとガソリンスタンドでの車検があります。こちらの車検では自動車ディーラーとは違い、使用する部品が良質な中古品である場合があります。さらに整備する部分は車検の必須項目以外は選択となります。そのような理由から、ガソリンスタンドで行う車検費用は自動車ディーラーと比べるとリーズナブルになります。

究極に安くしたい場合には、車検場に行きましょう。

車検費用を一番安くしたいのであれば、国土交通省が設置している車検場に行くのが良いです。こちらで車検を受けると車検の必須項目にエラーがある場合を除くと法定費用のみで済むので、ガソリンスタンドや自動車ディーラーで車検を受けるよりも遥かにリーズナブルになります。ただしユーザー車検には注意点があります。ユーザー車検でエラーがあった場合エラーの箇所のみ自動車ディーラーなどで整備する必要がありますが工賃の割引はないので、整備費用まで含めると結果的に割高になる可能性もあるので、ユーザー車検を行う際はこのような点をよく頭に入れておく必要があります。

車検とは、新車3年、以降2年毎に自動車が安全に走ることができる状況にあるかを、自動車整備士が点検を行い整備に問題がない状況になった場合に検査員が検査をして、安全を証明する証明書を発行することです。