後悔しないためにチェック!サックスの選び方のポイント

初めての場合は価格だけではなく用途も考える

特に初心者の人が選びやすいのが、低価格など安い価格で販売されているサックスです。お店の人からも初心者であると伝えると、まずは安い価格のものを提案される場合が多いようです。

使い方によっては低価格のものでも問題はないのですが、本格的に練習したい、練習頻度が高い場合には安いサックスを購入すると音がおかしい、壊れやすいなどのトラブルが起きてしまう可能性があります。そのため普段使いする人や長く使い続けたい人であれば、ある程度価格の高いものを選ぶのがおすすめです。

逆に外で使用する前提であるものや個人用のもの、バンドで使うなど壊れる可能性のある使い方をしたり壊れても問題ない場合であれば、価格の安いものをどんどん買い換えるのもありです。

サックスのメーカーにも注目する

販売しているメーカーやブランドによって、サックスに使っている素材に違いがあります。そのためメーカーによっては本格的に演奏する人向けのサックスを販売している傾向が強いところもありますし、逆に壊れても問題ない気軽な感じで購入できるサックスを販売しているところもあります。

そのため用途に合わせてメーカーやブランドを使い分けている人も多く、1個だけではなく2個くらい所持している人も少なくないようです。

実際に手に取ってみる

お店で演奏するのは難しいですが、実際に手に取ってみるのは可能です。そうして手に持ってみて演奏しやすいかどうか、重過ぎないかどうかなど演奏する自分の感覚に馴染んでいるかどうかを確認します。特に演奏する時のスタイルで持った時に違和感がないかどうかは、非常に重要なポイントになっているので出来る限り手に取って確認してみるのをおすすめします。

金属製であるけど木管楽器の一種であるサックスだがこれは略称で、正式にはサクソフォーンまたはサクソフォンです。