車検を少しでも安価に済ます方法はあるのか?

法定費用はどうしても掛かってくる

どのクラスの車でも国が定めた法定費用は、どこで車検を受けてもかかってきます。例えば、軽自動車の場合だと自賠責(自動車損害賠償保険)、重量税、印紙代で合計¥36570は必ずかかります。

ただし、エコカー減免制度は考慮していません。

普通自動車であれば、自賠責の費用はあまり変わりませんが、重量税が重量が増すごとに大きく変わってきます。参考値ですと軽自動車と2.5tクラスの普通自動車だと約1万円ほどの開きがあります。

車検費用の大きな違いは?

法定費用がどうしても掛かってくるのは仕方がありません。ではそのほかの費用としてどの部分が大きく変わってくるかというと車検に出したところの自動車会社の点検費用・整備費用などによって大きく変わってきます。

やはり費用的に大きくかかってくるところはディーラーでの車検です。信頼度も高く安心ですがその分の費用が掛かってきます。割安感があるのは、整備工場やガソリンスタンドでの車検です。チラシなどでもよく見かけるところですね。

どこで受けるのが一番お勧めか?

車検を受けるときにはただ単に割安であればいいとは限りませんし、割高だからいいとも限りません。お勧めはその車検対象の車が、何回目の車検というところが一つのポイントです。

新車登録をして初めての車検の場合ですと、正直ほとんど何もすることはありません。よって車検時は値段で決めても問題はないと思います。それが新車登録後、2回目や3回目はたまたそれ以上の場合、とくに2回目は部品などの交換が発生する可能性が考えられるので安心感のあるディーラーなどをお勧めします。

また、通勤やちょい乗り程度利用の車であれば車検は必要最低限のことで構わないと思われるので値段で決めることをお勧めします。

車検が切れた場合、そのまま公道を走ると、道路交通法違反で免許停止になります。そこで、市役所に行って仮ナンバーを取得し、自賠責任保険と任意保険に入ってから、車を車検場に持っていくようにします。